インスリン

暗い場所では光量不足のためものが見づらくなりますが、より一層瞳孔が開くため、水晶体のピントを合わせるのに不必要な力が使用され、光の入る場所でモノを眺めるより疲れやすくなるのです。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)の血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で壊れてしまうことが原因で、その膵臓からは大半のインスリンが出なくなることによって発症に至るというタイプの糖尿病なのです。
虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科的な治療法では大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」と「冠動脈(かんどうみゃく)大動脈バイパス術」という両方の技法が高い確率で導入されています。
耳鳴りには種類があり、本人しか聞こえないような「自覚的耳鳴り」と、血流のように本人以外の人にも性能の良いマイクロホンなどを利用してみると響いているという「他覚的耳鳴り」とがあるのです。
予防接種の不活化ポリオワクチンは、現在まで使用されてきた生ワクチンにかわる新しい手段として、平成24年9月以降は原則無料で受けることのできる定期接種になるので、小児科などの医療機関で接種してもらうになりました。
現在、比較的若い世代で結核(けっかく)に対抗する免疫力を保有しない人達の割合が高くなっていることや、早合点のせいで診断が遅れることが原因の集団感染(アウトブレイク)や院内感染の発生頻度が高くなっているようです。
くしゃみに鼻みず、鼻詰まりや目のかゆみ・ゴロゴロするような感じなどの花粉症の辛い症状は、アレルギーの誘因である花粉の放出される量に比例したように酷くなってしまうというデータがあるようです。
2005(平成17)年2月から新たに特保(トクホ)の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」というような文句の印字が義務付けられた。
自分では折ったかどうか判別できない場合は、違和感のある所にある骨を優しく触ってみてください。もしその箇所に激しい痛みを感じたら骨折かもしれないので、すぐ病院へ行きましょう。
むねやけが特徴の逆流性食道炎は、1週間くらいちゃんと服薬すれば、押しなべて8割〜9割の患者さんの自覚症状は治まりますが、イコール食道の粘膜の炎症反応が癒えたとは言い切れないので気を付けましょう。
男性にしかない前立腺は活動や成長にアンドロゲン、すなわち男性ホルモンがとても深く関係していますが、前立腺に出現したガンも同様、アンドロゲン、即ち雄性ホルモンに影響されて大きくなってしまいます。
杉花粉が飛散する3月前後に、乳幼児が発熱は確認できないのにくしゃみを連発したりサラサラした水っぱなが止む気配をみせない状況だったなら、杉花粉症の可能性があるかもしれません。
トコトリエノールの機能としては酸化を防ぐ効果が殊に知られてはいますが、加えて肌を美しく保つ作用や、血清コレステロールの生産を抑えたりするということが言われています。
亜鉛は、遺伝情報やタンパク質の合成に関係する特別な酵素や、細胞や組織などの代謝機能に深く関わる酵素など、約200種類以上もの酵素を構成する物質となるミネラル分なのです。
消化器科の領域である急性腸炎は、ほとんどの場合腹痛・吐き気・嘔吐・下痢を伴う位で済みますが、バイ菌の感染による腸炎の場合は酷い腹痛・何度も繰り返す嘔吐・下痢と同時に38度以上の高熱も出るのが見分けるポイントだといえます。