1週間

アルコールや薬、化学的な食品への添加物等を酵素によって分解し、無毒化する作用の事を解毒と呼び、肝臓の担う最も大切な機能の一つだということは間違いありません。
陰金田虫(インキンタムシ)とは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)と言われている、白癬菌というカビが陰嚢(いんのう)や股部、臀部などの部分に感染し、棲みついてしまう感染症のことで即ち水虫です。
胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、1週間くらいきちんと処方薬を飲めば、原則的にほとんどの患者さんの自覚症状は消えますが、とはいえ食道の粘膜の炎症反応自体が全快したとは言い切れないので気を付けましょう。
PC画面の光のチラつきを抑える効果のあるレンズの付いた専用メガネがいま最も人気を集める理由は、疲れ目の軽減にたくさんの方々が興味を持っているからでしょう。
酒類に含まれるアルコールを無毒化する働きがあるナイアシンは、不快な二日酔いに効く成分です。苦しい宿酔の誘因物質だといわれるエタナール(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質のクラッキングに力を発揮しています。
暴飲暴食、太り過ぎ、喫煙、運動不足、不規則な生活、精神的なストレス、老化などの多様な素因が混ざり合うと、インスリン分泌が少なくなったり、働きが鈍化したりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患することになります。
脂溶性であるV.D.は、Caが体に吸収されるのを補助する働きで知られていて、血中の濃度を操り、筋繊維の動き方を適切に操作したり、骨を作ったりします。
「時間がない」「粘着質な色々な人間関係がとても嫌だ」「あらゆるテクノロジーやインフォメーションの進化に追いつくのが大変」など、ストレスが蓄積される素因はみんな異なります。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、一番よくある中耳炎で比較的小さな子供によく発症します。強い耳の痛みや38℃台の発熱、ひどい鼓膜の腫れ、耳漏(じろう)などのありとあらゆる症状が出るのです。
ハーバード・メディカルスクール(HMS)の調査結果によれば、通常のコーヒーと比較して毎日2杯以上カフェインの取り除かれたコーヒーに変えれば、驚くことに直腸癌の発症リスクを半分も減らせたとのことだ。
UVB波は、UVA波より波長が短いという特性があるため大気中に存在しているオゾン層で一部が吸収されるものの、地表に届いたUV-B波は肌の表皮の内側で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を破損させるなど、皮膚に悪い影響を与えることが明らかになっています。
70代以上の高齢者や慢性的に病気のある方などは、際立って肺炎に罹りやすくすぐには治りにくい特徴があるので、予防する意識や早め早めの治療が大事です。
肝臓をきれいに保ち続けるためには、肝臓の解毒作用が低下しないようにする、別言すると、肝臓を老けさせない対処法をコツコツと実践することが重要だと思われます。
ジェネリック医薬品というものは新薬の特許切れの後に売られる、新薬と変わらない成分で金銭的な自己負担が少なくて済む(クスリの金額の高価ではない)後発医薬品のことで、広く知られるようになりました。
食中毒を引き起こすことのあるブドウ球菌(staphylococcus、スタフィロコッカス)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、毒が非常に強い黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と毒力が微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種類に分けられます。