頭頂

はりを痛みの発生源に刺す、という物体的な幾多の刺激が、神経細胞を活性化して、神経インパルスと言われている電気信号の化学伝達を誘発するという見解が広まっています。
拡張期血圧90以上の高血圧が長い間続くと、血管に重い負荷がかかった結果、頭頂からつま先に至るまで色々な血管に障害が起こって、合併症を招くリスクが拡大するのです。
汗疱(汗疱状湿疹)は主に手の平や足の裏または指と指の隙間などにプツプツとした水疱が現れる症状で、通称あせもと言われ、足の裏に現れると水虫と早とちりされる場合が結構あります。
日本における結核対策は、1951年に生まれた「結核予防法」に拠って実施されてきましたが、平成19年からは違う感染症と同じように「感染症法」に沿って遂行されることとなりました。
胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な治療法ではほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」もしくは「冠動脈大動脈バイパス術(CABG)」という2つの異なる技術がよく導入されています。
ヘルニアというものは正式には「椎間板ヘルニア」と呼び、背骨と背骨の間でクッションのような役割を持っている椎間板という名のやわらかい円形の線維軟骨がはみ出してしまった状態の事を指しています。
杉花粉が飛散する1月〜4月の間に、小さなお子さんが体温はいつもと変わらないのにしょっちゅうクシャミしたり鼻水が止まらないような症状に当てはまったら、『スギ(杉)花粉症』かもしれないのです。
環状紅斑というのは環状、要はまるい形状をした赤みを帯びた発疹や鱗屑(りんせつ)など、皮膚の病気の総合的な病名であって、その理由は余りにも様々だといえます。
植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルの類であるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている物質が、肝臓から分泌される解毒酵素そのものの正常な産出を促しているかもしれないという新たな可能性が明らかになってきました。
ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、手先や足先がジンジンと痺れるような感覚があったり脚の浮腫みなどがよく見られ、症状が進行すると、最悪の事態では心不全も発症することがあるのです。
季節病ともいわれる花粉症とは、森林のスギや檜、松、ブタクサなどの決まった時期に飛散する花粉が元凶となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・頭重感・微熱・鼻みずなどの辛くてゆううつなアレルギー症状を示す病気だといえます。
普段からゴロンと横向きになったままTVを見つめていたり、思いっ切り頬杖をついたり、ハイヒール等を履くといった癖や習慣は体の上下左右の均衡が悪くなる要因になります。
食事という行動は、食べようと考えた物を気軽に口へ運んで20回前後咀嚼して嚥下して終わりだが、そのあと人体はまことによく活動し異物を人体に取り入れるように努めているのだ。
アメリカやEU圏では、新しく開発された薬の特許が切れてから約1ヶ月後には、製薬市場の8割がジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)に切り替わるような飲み薬もある位、後発医薬品は世界各国で採用されています。
お薬やアルコール、色々な食品添加物などの成分を特殊な酵素で分解し、無毒化する働きのことを解毒と称し、多機能な肝臓が担っている最も重要な職務のひとつなのです。