歯周病

UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短いという特徴があるため大気中のオゾン層を通過する際に一部が吸収されるのですが、地表に届いたUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を傷つけてしまうなど、皮膚にとって悪い影響をもたらすと言われています。
一旦永久歯の表面の骨を浸食してしまうほど悪化してしまった歯周病は、たとえ病状自体が安定したとしても、エナメル質が元の量に戻るようなことはないに等しいと言われています。
「時間がない」「気を遣う付き合いが多すぎる」「テクノロジーや情報の進歩に付いていくのが大変」など、ストレスが蓄積される場面は一人一人異なります。
AIDSとはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が原因となって引き起こされるウイルス感染症の事であって、免疫不全となって些細な細菌などによる日和見感染や悪性腫瘍等を複数発症してしまう病状を指し示しているのです。
常在細菌のひとつであるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」、coccusは「粒」の意)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、大別すると毒素の極めて強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus)と一方は毒が低いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つがあるのです。
杉花粉が飛ぶ頃に、乳幼児が体温は異常ないのにしょっちゅうくしゃみをしたり水のような鼻水が止まる気配をみせない具合なら、杉花粉症の可能性があるかもしれません。
悪性腫瘍である卵巣ガンは、普通、人体をガンから保護する役割を果たす物質を産出するための金型である遺伝子の不具合により発症してしまう病気です。
通行中の交通事故や屋根からの滑落など、著しく強い負荷が体にかかった場合は、複数の箇所に骨折が生じたり、開放骨折に至ったり、更には内臓が損傷してしまうこともあります。
肝臓をいつまでも健康に保つには、肝臓の毒素を分解する作用が低下しないようにすること、分かりやすく言うと、肝臓を老けさせない対策を迅速に開始することが効果的だと思われます。
栄養バランスの優れた食事を1日3回とることやスポーツは無論、心身の健康や美のために、食事とは別に様々な種類のサプリメントを飲用する事が標準になっています。
一見すると「ストレス」というのは、「無くすべき」「除去すべきもの」と捉えがちですが、実の所、我々人間は大なり小なりのストレスを受けているからこそ、活動していくことに耐えられるようになっています。
アメリカやヨーロッパでは、新薬の特許が切れてから30日後、製薬市場の約8割がジェネリック(ジェネリック医薬品)に替わるという薬もある位、ジェネリック(後発医薬品)は世界各国で知られているのです。
高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、これまでの膨大な研究により、予防効果を期待できるのは、注射した14日後くらいから5カ月間程だろうということが判明しています。
心筋梗塞というのは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化により血液の通り道である血管の中が狭くなって、血流が止まり、酸素や大事な栄養を心筋に配達できず、筋肉細胞が死んでしまう大変重い病気です。
年齢を重ねることによる耳の聞こえ辛さではちょっとずつ聴力が低くなりますが、多くの人は還暦を超えてからでないと聴力の老化をきちんと自覚できないものです。